年代別、流行した宝石とは

自分の年齢にあった宝石を選ぶ

宝石は年齢に応じて自分に似合うもの、身に着けるべき価値のあるものを見極めることのできるジュエリーです。若い人は躍動感のあるかわいらしいデザインを好みますし、年齢を重ねるごとにシンプルイズベストといった選ぶ方になります。
品質が確かで控えめながらも存在感があり、その人のイメージをよく表しているジュエリーを身に着けることでシックなファッションでも華やかさで魅了することができます。ダイヤモンドやプラチナといったものの輝きは肌のくすみを跳ね返してくれるパワーがありますし、本物を身に着けることでプライドを感じさせてくれるコーディネートが完成します。
高級ブランドジュエリーが色あせない人気を誇るのは、定番でありながらもトレンドを意識したデザインになっているからです。

2016年、年代別、流行した宝石とは

2016年の年代別、宝石の流行デザインは10代、20代がマークバイジェイコブズ、ヴィヴィアンウエストウッド、30代、40代がケイトスペード、シャネルというアンケート結果が発表されています。
年代にかかわらず上位にランクインしたのはby boe、ロンハーマンでした。
10代、20代はプチプラでも肌の輝きがあるので見た目のかわいらしさで選ぶことができますし、有名ブランドでも個性的なデザインが人気となっています。
30代、40代はジュエリーも自分のスタイルを表現する手段として使いこなす技術が必要になりますから、全身のコーディネートとバランスを考えて選ぶことになります。安物ではなく本物の品質の良いものを選び、オンオフに使いこなせる妥協しない大人のジュエリーが特徴です。