赤いのにサファイア!?宝石の色も沢山あります

サファイアとルビーは同じ?

キラキラ美しい輝きをまとった宝石は、装飾品にはなくてはならない物です。こういった宝石を嫌いという女性はいないのではないでしょうか?女性を魅了する輝きですが、実は意外な色の宝石があるんです。意外というのは、たとえば、青いと思っていた宝石に実は他の色があった、といったことです。実はあるんです。予想外の色を持った宝石が。
では、それはどういった宝石なのでしょうか?たとえば、青いイメージであるサファイアには赤い物もあるのです。もっと言うと、紫、黄色、緑、オレンジなどかなりバラエティに富んだカラーがあり、この中でも、赤いサファイアをパパラチアサファイアと呼びます。
サファイアが赤いことに疑問を感じるかもしれませんが、ルビーも赤いですよね。「ルビーとサファイアは違うだろう」と思う人も多いでしょうが、実はそもそも、ルビーもサファイアも同じ鉱物で不純物の混ざり具合で発色が異なるのです。「じゃあ、パパラチアサファイアとルビーは同じ物か?」というと、それはまた違ったもので、パパラチアサファイアはオレンジとピンクの中間の絶妙な、赤に近い色合いを持った特別な名称ですから、希少性が高くなります。

他にも存在する意外なカラーの宝石たち

赤いサファイア以外にも、意外な色の宝石はたくさんあります。有名なところで言えば、ダイヤモンドもピンク、ブルーなど様々なカラーバリエーションがあります。
こうした意外な色をした宝石以外にも、状況下によって色が変化する、変わった宝石があります。アレキサンドライトというロシア原産のクリソベリルの変種なのですが、これは光の環境によって色を変えるのです。昼の太陽光下では青緑、夜の照明下では赤に色変化を起こす、非常に珍しい性質を持った石です。やはり数も少なく、五大宝石として扱われたり、宝石の王様と呼ばれたこともあるほどです。
このように、実は意外に思える色をした宝石というのは数多くあります。赤いから、青いから「この宝石はこれだろう」というのは実はあまり当てにならないんですね。